おなかダイエットは姿勢と関係がある

おなかダイエットは姿勢と関係がある

おなかダイエットは姿勢と関係がある

お腹ダイエットには正しい姿勢を注意



正しい姿勢を取ることはお腹ダイエットのためにもとても大事なことです。


背筋をしゃんと伸ばすと自然と筋肉のエクササイズが行われるようになり、姿勢を正し、お腹まわりをスッキリさせる効果が出てきます。


猫背のような姿勢は見てくれが悪いだけではなくお腹にも肉がつきやすくダイエットに良くないのです。


太っているとそれを引け目に感じて自然と猫背になってうつむきがちになる人もいるのですが、そのような姿勢になりますと腹筋や背筋などの筋肉を使わずに筋肉が落ち、ますます太っていってしまいます。


背筋をしゃんと伸ばした姿勢を保つことによって筋肉が働きます。


その結果、基礎代謝の量が上がって結果的にダイエットにも役立つことにつながります。



正しい姿勢を取ることでお腹も出っ張りが減りすっきりと見えるようになります。


正しい立ち姿勢とはどんな姿勢かをもう一度チェックしてみましょう。


あごを少し引いて首筋を伸ばし頭は天井から吊り下げられているイメージです。


お腹・お尻は軽く力を入れて脚はふくらはぎ・膝はなるべくくっつけつま先は軽く開いてもいいです。


はじめは正しい姿勢を維持しようとするととても苦しく感じるものですが慣れてくるとキープできるようになってきます。


体全体の筋肉が刺激を受けお腹の肉も徐々にスッキリとしてくるでしょう。


正しい姿勢で立てるようになったら今度は正しい歩き方に挑戦してみましょう。


歩幅を広めにとりなめらかに歩くようにすればお腹まわりのラインもスッキリと引き締まってお腹ダイエットにより効果的です。



ホーム RSS購読 サイトマップ